ホーム >技術情報 >斜め自動昇降ドア(エアータイト式)

技術情報

斜め自動昇降ドア(エアータイト式)

生産ラインでの作業者の作業性、作業効率のアップ

自動ドアの可動域を斜めにすることで、開口寸法を大きくとることができ、かつ
作業者にとって負荷の少ない自然な姿勢で長時間作業が可能になります。

作業者が製品近くまでアプローチすることができます。
また、防音室のドア開口面積を大きくとることができ、窓を取付ければ製品の目視も容易になります。
防音室の高さを抑え、コンパクトに製作できるメリットもございます。

作業者が直接、製品の取付、取り外し、動作確認等を実施する場合に特に有効です。
自動ドア可動域が作業員目線から離れ安全です。

防音室内寸法が小さくなり、ドアと測定ポイントが近くなる可能性があります。
防音仕様に検討が必要となります。


eng07-1

eng07-2
eng07-3