ホーム >技術情報 >環境基本法

技術情報

環境基本法

環境基準値

環境基本法第16条第1項の規定に基づく環境基準は、地域の類型及び時間の区分ごとに次表の基準値の欄に掲げるとおりとし、各類型をあてはめる地域は、都道府県知事が指定する。

次に掲げる地域の類型及び時間の区分に基づき設定される環境基準値は以下のとおり

 

(a) 道路に面する地域以外の地域

道路に面する地域以外の地域の基準値(平成10.9.30環境庁告示第64号)

地域の類型昼間 基準値夜間 基準値
AA50デシベル以下40デシベル以下

A及びB

55デシベル以下45デシベル以下
C60デシベル以下50デシベル以下

 

(b) 道路に面する地域

道路に面する地域の基準値(平成10.9.30環境庁告示第64号)

地域の区分昼間 基準値夜間 基準値

A地域のうち2車線以上の車線を有する道路に面する地域

60デシベル以下55デシベル以下

B地域のうち2車線以上の車線を有する道路に面する地域及びC地域のうち車線を有する道路に面する地域

 

65デシベル以下60デシベル以下

この場合において、幹線交通を担う道路に近接する空間については、
上表にかかわらず特例として次表の基準値の欄に掲げるとおりとする。

昼間 基準値夜間 基準値
70デシベル以下65デシベル以下

備考

個別の住居等において騒音の影響を受けやすい面の窓を主として閉めた生活が営まれていると認められる時は、
屋内へ透過する騒音に係る基準(昼間にあっては45デシベル以下、夜間にあっては40デシベル以下)によることができる。

道路に近接する空間とは沿道第1列に相当する空間

 

「参考文献」環境測定実務者のための騒音レベル測定マニュアル