ホーム >技術情報 >KAGRA計画

技術情報

KAGRA計画

日本最先端研究、人類初の「重力波の直接観測」をめざす現場へ

KAGRAは大型低温重力波望遠鏡で岐阜県飛騨市の神岡鉱山の総延長7kmを
超える巨大地下トンネル内で建設されています。

アルベルト・アインシュタインが提唱した「重力波」(重力がもとになって生まれる宇宙からの波動)を
直接観測でとらえようとする試みです。「重力波」を観測できるようになるということは、
宇宙の謎を知るために非常に重要で、ブラックホールの解明などにもつながるとのことです。

その最先端設備の一部、地下トンネル内に弊社防音室、技術を採用いただけました。

日刊工業新聞に2014.9.22に弊社記事が掲載されました。



KAGRA計画